痔│川崎市宮前区,宮崎台,内科,内視鏡検査,健康診断,小野田医院

小野田医院

044-854-8821
〒216-0035 神奈川県川崎市宮前区馬絹526-7 第1ケーエービル

 内痔核、外痔核(いぼ痔)、裂溝(切れ痔)、痔瘻(穴痔)があります。
痔核は、直腸の下や肛門にある静脈を含めて肛門を閉じる役割をするクッション部分がうっ血してふくらんだものです。この痔核が歯状線より内側にできたものを内痔核といいます。

 痔核は、痔の中で一番多く見られます。便秘やトイレ時間が長くて排便時のいきみが強い、長時間同じ姿勢をとる、妊娠や出産がきっかけで起こりやすくなります。痛みはほとんどなく、排便時に出血したり、肛門から脱出して気がつくケースが多いようです。肛門から脱出したときには、肛門から飛び出してくる感じや異物感があります。脱出しても排便が終われば戻る状態から、進行すると、常に痔核が脱出して指で押さなければ戻らなくなります。最終的には指で押しても戻らなくなります。治療は軽度であれば坐剤で腫れを取り、症状改善を促します。腫れがなかなかひかない場合は輪ゴム結紮術を行います。

  

外痔核

 肛門の歯状線より外側にできたものをいいます。肛門の外側に血まめができた状態で、血栓性外痔核といいます。便秘や下痢、アルコールや辛いものの摂り過ぎ、長時間歩き回ることや座りっぱなしのことが多い、冷え、ストレスなど。腫れて激しく痛むことが多いのですが、出血は少ないです。

  

裂肛(切れ痔)

 肛門の皮膚が切れたり裂けた状態。便秘などによって、硬い便を無理に出そうとしてその刺激で切れることが多いのですが、慢性的な下痢による炎症として起こることも。便秘がちな女性に多く見られます。排便時に激しい痛みと出血があります。排便後もしばらく痛みが続くことも。裂肛を繰り返すと、裂け目が深くなって炎症が起き、潰瘍やポリープができて、肛門が狭くなる(肛門狭窄)ことがあります。

  

痔瘻(あな痔)

 肛門管にあるくぼみに大腸菌などが感染すると、炎症が起こり、化膿して膿がたまります。この段階は、まだ肛門周囲膿瘍。この症状が繰り返されることによって、細菌の入り口と膿が皮膚を破って流れ出る部分まで 、1本のトンネルのように貫通します。これが痔瘻です。下痢やストレスによる免疫力の低下など。肛門括約筋の強い男性にやや多い傾向があります。肛門の周囲の皮膚が腫れて痛みを伴い、ときには熱が出ることも。痔瘻まで進むと、膿が出て下着が汚れます。根治には手術が必要になることが多いです。

pagetop