生活習慣病│川崎市宮前区,宮崎台,内科,内視鏡検査,健康診断,小野田医院

小野田医院

044-854-8821
〒216-0035 神奈川県川崎市宮前区馬絹526-7 第1ケーエービル

動脈硬化

動脈硬化

 動脈の血管が硬くなって弾力性が失われたり、内腔にプラークがついたり血栓が生じたりして血管が詰まりやすくなった状態です。動脈は、心臓から送り出される血液を全身に運ぶ血管です。酸素や栄養素を運ぶ重要な役割を持っており、通常は弾力性がありしなやかですが、加齢による老化や様々な危険因子によって厚く硬くなってしまうのが動脈硬化です。

 動脈硬化にはいくつかの種類があります。大動脈など比較的太い動脈に粥腫(じゅくしゅ)ができるのが、粥状動脈硬化(アテローム動脈硬化)です。これは動脈の内膜に血液中の悪玉コレステロール(LDLコレステロール)などが沈着してドロドロの粥状物質(プラーク)となり、血管が狭くなって心臓では狭心症が起こります。さらにそこに血栓ができると、血管が完全に詰まってしまって、心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こします。

 また主に脳や腎臓の中の細い動脈が硬化してしまうことを細動脈硬化と呼びます。加齢や高血圧が原因で起こり、進行すると脳梗塞や腎不全に至る恐れがあります。その他、動脈の中膜にカルシウムがたまって硬くなる中膜硬化(メンケルベルグ型硬化)があります。動脈硬化は、喫煙・コレステロール・高血圧・肥満・運動不足などの危険因子が重なることによって発症しやすくなります。

 当院では血圧脈波検査(血管年齢)や頸動脈超音波検査などで評価が可能です。動脈硬化は治らないので早めの対応が必要です。

pagetop